LFB APARTMENT

2021.10.07 書籍「地方都市で叶える満室アパート経営」

【書籍プレゼント中!】万一の備えが万全なアパート経営

今回は「万一の備えが万全なアパート経営」についてお伝えします。

 

団体信用生命保険を組み込むことで、アパート経営そのものが生命保険の役割を果たすことができるのです。

 

 


 

【満室アパート経営を紐解く】
万一の備えが万全なアパート経営
(団体信用生命保険の付与)
 
 
 
「団体信用生命保険」とは、住宅ローンを借り入れる人を対象とした生命保険のことです。

 

 

アパート購入のために銀行にローンを申し込む際には、そのローンに銀行指定の「団体信用生命保険」を組み込むことができます。
アパートのオーナーに万一のことがあった場合、ローン残額の大小に関わらず残債は団体信用生命保険によって完済され、

ご家族には無借金のアパートと毎月の家賃収入が残ることになります。
 
 
また団体信用生命保険を利用できるのは個人だけになります。
詳細については、書籍『地方都市で叶える満室アパート経営』をご覧ください。
『地方都市で叶える満室アパート経営』希望者全員にプレゼント中です!
 
 
地方都市で叶える満室アパート経営」
▼プレゼント希望の方はこちらから▼
書籍プレゼントお申込みフォーム
 

ジャスダック上場企業で投資用アパート企画販売で有名なシノケン社の元社長が書き下ろした
『地方都市で叶える満室アパート経営』

この本では、地方の小都市におけるアパート経営の可能性が語られています。

 

 
「地方都市で叶える満室アパート経営」
▼プレゼント希望の方はこちらから▼
書籍プレゼントお申込みフォーム
 
  • 前の記事へ
  • 記事一覧へ戻る
  • 次の記事へ
  • 記事一覧へ戻る